画面の表示がおかしい場合

【重要】システム変更に伴うダーツハイブ本店のご利用について

【重要なお知らせ】

「平成30年7月豪雨」による被害に対する支援について 2018年7月の大雨による配送への影響について(2018.8.1更新)
店内ポイント
レビュー大賞
USEDダーツ販売・買取
レビューを書いて特典GET

シャフト部分



シャフトとは シャフトの種類 長さの違い

シャフトはバレルとフライトをつなぐ棒状の部分です。
材質はナイロン、金属、グラスファイバーなど色々あり、長さや重さも様々です。

シャフトの長さや重さはダーツの飛びに影響を与えるため、セッティングの際にもこれらは重要な要素になってきます。

材質を見ると固いものが多いですが、シャフトもフライトと同じ消耗品です。

ダーツがアウトボードした際に床に落ちて折れてしまうケースが多く、ネジ山がバレルのネジ穴に残ってしまうこともあります。
このような場合にネジ穴に残ったシャフトを取り除くシャフトリムーバーというダーツアイテムも存在します。

長さの指標としてはショート、インビト(インビトウィーン)、ミディアム、ロングなどがありますが、
長さの規格が存在しないため同じショートサイズでも各メーカーによって長さが変わってきます。

またダーツを購入した際にシャフトが付属してくるものも多いですが、これは購入したダーツに最適なものが選ばれている
という訳ではないので,色々な長さを試して、自分のセッティングに合ったシャフトを見つけていく必要があります。


ALIFLEX II


MONSTER SHAFT


LARO グラデーションシャフト
【クリア×グリーン】


Z-style シャフトリムーバー

↑ ページトップへ


シャフトの種類は長さ、材質、重さなどを含めるとかなりの種類がありますが、
決定的な分け方としてシャフトが回転するものと、しないものがあります。

シャフトが回転するタイプは、グルーピングの際に面積の広いフライト同士がぶつかって起きる
干渉を避けるため、シャフトを回転させることで、後投のダーツが弾かれるのを防ぎます。

代表的なものだとFit Shaftがあり、フライトも専用のものが必要になります。

最近はFit Flightのような専用フライトでなくても使用できる回転シャフトも増えていて、
グルーピングが有利になるということで、回転シャフトに人気が集まっています。


LAROシャフト C330
ディープブルー


LAROシャフト SILENT
<エメラルド>


FIT FLIGHT専用 メタルシャフト


[TARGET]
TOP SPIN SHAFT

材質の種類は様々ありますが、大きな違いは素材の重さによる違いになります。
■金属シャフト
ナイロン製のものに比べて重量があるので、ダーツの重心を後ろに持っていくことができます。
またフライトの差込口が固いので、フライトの脱落が少なくなります。
その反面、バレルへの差込みが緩みやすいのでオーリングなどの使用が必要になるでしょう。

■ナイロンシャフト
金属製のシャフトに比べて素材が軽いので前重心を維持できて、重さに違和感を感じず使用できます。
デザインやカラーも豊富で、クリアタイプのものなども販売されています。
金属シャフトに比べてフライトは脱落しやすいですが、脱落を防ぐシャフトリングなどがあります。

■カーボンシャフト
金属シャフトのように固く、ナイロンシャフトのように軽い2つのシャフトの中間のようなシャフトです。
フライトの脱落も少なく軽いシャフトでも折れにくいということで、新しい素材のシャフトとして人気が出ています。
しかし、金属、ナイロンのシャフトに比べて価格が高価になります。


Harrows シャフト
TIGER レッド 【ショート】


Harrows Shaft
SUPERGRIP


JOKER DRIVER
カーボンシャフト【レッド】


CAMEO
フレックスリングライト

シャフトはフライトの差込口の違いにも種類があります。
数多く見られる一般的なシャフトはフライト側に十字の切込みがはいっていてそこに90度に開いたフライトを差し込みます。

特殊なものだとシャフトの先端が二股になっていて、そこからフライトを入れるタイプのものがあります。
長所としては後投のダーツがぶつかった際に、衝撃でフライトが外れるようになっていて、
グルーピングの邪魔にならない構造になっています。

メーカー独自のものですとFit Shaftがありますが、こちらのシャフトは切込みがはいっておらず、
専用のフライト側にある差込口にシャフトを差す構造になっています。


Ultima Darts
STRONG COLOR Shaft


アクタゴンツインシャフト


Fit Shaft えぐちょ


FIT SHAFT チタンシャフト
スピンタイプ 【インビト】

↑ ページトップへ


シャフトは長さによってダーツの飛びに影響を与えるのでセッティングを考える場合に重要な部分になります。

一般的にシャフトは長いほど弧を描くような軌道をとると言われてますが、
使用するフライトとの組み合わせによって軌道は変化します。

また長いシャフトを選ぶ理由に短いバレルに長さを持たせるためや、重心位置を変えるために長いものを選ぶこともあります。

短いものは長いものとは逆に直線的にシャープな飛びをしますが、この場合もフライトとの組み合わせによって変わります。

そのためシャフト選びはとても奥が深いですが、
上手くなってくればくるほど、飛びの変化を感じることができて面白くなってきます。


S4染めシャフト


DIPPER DARTS JP SHAFT
<ブラック>


スターゲイザーシャフト


ナイロンシャフト

↑ ページトップへ

表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件
クローズ