DARTS HiVe

DARTS HiVe

初心者向けダーツ入門サイト
  1. TOP
  2. その他
  3. DARTSLIVE200Sを迫力ある環境で楽しむ方法
DARTSLIVE-200Sをより迫力ある環境で楽しもう!

ゲームは楽しいのにイマイチ迫力がないという方いませんか?
自宅でDARTSLIVE-200Sをもっと迫力ある映像で楽しみたい方へオススメ!

DARTSLIVE-200Sってなに?

家庭用ダーツボードのDARTSLIVE-200Sは専用のアプリを介してスマホやタブレットでゲームのグラフィックやサウンドを見ることができます。
お店に置いてあるDARTSLIVE2の映像やサウンドがそのまま家庭で楽しめるため、多くの方がDARTSLIVE200Sで楽しんでいます。
お店と同じ条件にてレーティング算出が出来、データの閲覧も可能なので、自分のダーツのレベルが容易に見ることが出来ます。まだ知らないという方はこれを機にご検討してみてはいかがでしょう。

DARTSLIVE-200S

DARTSLIVE-200S専用アプリは
下記リンクからダウンロードして下さい。

Androidをご使用の方はこちら

iOSをご使用の方はこちら

26,784(税込)

商品購入はこちら >>

目次

設置方法のご紹介

iPhoneやiPadをご利用の場合

■HDMIケーブル経由でモニターへ出力する

お持ちのモニターの裏を確認して頂き、「HDMI」と書かれた端子へ専用のケーブルで接続すればOK!
必要なものは「HDMIケーブル」と「HDMI変換アダプタ」です。
「HDMIケーブル」はお近くの家電量販店に行けば必ず置いてあるのでそちらをご購入してください。
イメージ写真
また、「HDMI変換アダプタ」はiPhoneのLightningコネクタや30ピンDockコネクタに接続可能なものがAppleから販売されています。
Lightningコネクタを搭載したiPadやiPhoneをお使いなら「Lightning Digital AVアダプタ」を、30ピンDockコネクタを搭載しているiPhoneやiPadをご使用の場合は「Apple 30ピン Digital AVアダプタ」をご利用ください。
イメージ写真
設置方法
設置はいたって簡単です。 モニタ背面に「HDMI端子」へ「HDMIケーブル」を挿します。
イメージ写真
HDMIの端子は直接iPhoneやiPadには付きませんので、「HDMIケーブル」の先へ「HDMI変換アダプタ」付けてください。
イメージ写真
変換アダプタの「Lightningコネクタ」側をiPhoneやタブレット(iPad)へ挿してください。
イメージ写真
これで大画面でDARTSLIVE-200Sのアワードなどが楽しめます!!
イメージ写真
メリット・デメリット

HDMI出力のメリットは手軽に設置が可能なことです。
ケーブルを接続するだけでiPhoneやiPadの画面を出力できるため、旅行先やイベントなどでのセットアップが簡単です。利用するアプリがないので端子へ挿すだけですぐにDARTSLIVE-200Sの迫力あるグラフィックが楽しめます。

デメリットとしては有線でつなぐこととなるので、iPhoneやiPadの置く場所が限られてしまうことです。
ボードより離して設置したい場合は、十分な長さのHDMIケーブルを用意する必要があります。

Android携帯を利用の場合

アンドロイド携帯に使われている端子は「MHL micro USB」が多く、モニターへ出力する場合には「MHL変換アダプタ」が必要となってきます。
直接モニターへつなげないためこちらも変換アダプタを活用しモニターへ迫力映像を映してみましょう。
こちらもモニター側はHDMI端子へ挿し映像を表示します。
イメージ写真
設置方法
モニタ背面に「HDMI端子」へ「HDMIケーブル」を挿します。
イメージ写真
HDMIの端子は直接Androidには付きませんので、「HDMIケーブル」の先へ「HDMI変換アダプタ」付けてください。
イメージ写真
変換アダプタ「Micro USB」側をAndroid側へ挿してください。
イメージ写真
これで大画面でDARTSLIVE-200Sのアワードなどが楽しめます!!
イメージ写真

DARTSLIVE-200S

DARTSLIVE-200S

DARTSLIVE-200S専用アプリは
下記リンクからダウンロードして下さい。

Androidをご使用の方はこちら

iOSをご使用の方はこちら

26,784(税込)

商品購入はこちら >>

番外編 スピーカーへ繋ぐ方法

iPhoneやAndroidを簡単にスピーカーへ繋ぐ方法としては、ヘッドフォンジャックとオーディオの外部入力端子を結ぶことで迫力ある音が楽しめます。
低価格のスピーカーも数多く出ているので、簡単にスピーカーを繋ぐことも可能です。
ケーブルは家電量販店などに多くありますのでお店の方に聞いて揃えるのも簡単です。
欠点としてはケーブルで繋ぐため設置場所は限られた場所になります。
イメージ写真
設置方法
スピーカーを準備します。イヤフォンジャックが付いて入れば大体は付きますが、お店の人に確認してからスピーカーなどは購入しましょう。
イメージ写真
iPhoneやiPadにあるイヤフォンジャックへ端子を差します。
イメージ写真
簡単に繋げることが出来るので、迫力あるサウンドが自宅で楽しむことが可能です!!
イメージ写真

ダーツ - ダーツショップ DARTS HiVe(ダーツハイブ)

上に戻る