DARTS HiVe

DARTS HiVe

初心者向けダーツ入門サイト
  1. TOP
  2. ダーツ上達
  3. ダーツの投げ方
  4. 良い飛びをイメージ
正しいスローで的を狙い撃とう。ダーツの投げ方
良い飛びは「飛び」はイメージから

「イメージ力」でブル率アップ!!

狙いを定めるには、身体の感覚だけではなく
イメージを活用する事も大切。
自分の飛びを知り、イメージできるようになろう。

BULLの直径ぐらいの太さを持ったパイプをイメージ!安定した飛びには「矢のスピード」「矢の回転」「矢の向き」が大切。

イメージで理想のフォームをつかむ。「いいな」と思うプレイヤーがいたら、そのフォームを自分の身体に置き換えてイメージ。色々な角度から見た自分をイメージするのがポイントだ。軌道や飛びを目視するという視点では、白などの明るい色のフライトがオススメ。いつも暗い色を使っている人も、一度試してみよう。

良いイメージが描ければ

「ダーツを投げる時はイメージが大切」と、多くのトッププレイヤーがそう語られます。
言葉にすると簡単に聞こえますが、実際に投げる時にイメージが出来るかと言われれば、中々難しいのが現実です。

「イメージ」を出来るようになる為にも、まずは自分を知る必要があります。
日々の練習にしても、ただ漫然と数だけをこなすだけでは無く、「どこを狙って、どういう腕の使い方をしたら、どんな飛びをしてどこに刺さるか」を、一投一投、自分のダーツを見て自分を研究するようにしましょう。
そうして自分の飛びを知ることで、その飛びをイメージして狙いを合わせて、狙った的に入れる事が出来るようになって行くはずです。

また、プロのイメージ例として、「ブルと同じぐらいの太さのパイプをイメージし、そのパイプをブルと目に繋げて、その中を通す様に投げる。」
「狙ってるところにずっとチップの先を向けていくイメージ」
といったものがあります。

そして、ダーツの飛びをイメージすると共に、その飛びを実現する自分のスローのイメージも勿論大事です。
単純に「ブルに入る本数を増やしたい」では無く、その為にはどういうダーツが必要なのか、どういうフォームにするべきなのか、等。
個人個人で投げ方は勿論、イメージの仕方も変わってくるので、自分で出来る、自分の為のイメージを作りあげるのが大切です。

ダーツ - ダーツショップ DARTS HiVe(ダーツハイブ)

上に戻る